The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
信州坂城 ~ 千曲川沿いに春の風景を訪ねる(2)~
2015-05-24 Sun 10:59
信州の坂城町を歩いています。

P1100567.jpg
葛尾城址への険しい登り道で疲労困憊、さらに行く手を遮る倒木を前にすっかり気力が尽きて、今来た山道を引き返すことにしました。固い赤土の坂道を、行きとは逆に滑るように駆けおりていっていますが、でこぼことした足場と露出した石くれに悩まされながらつまづかないようにかなり必死になっています。

P1100545.jpg
やっとの思いで登山道の入口まで下りてくると、先程までの荒涼とした山中の様子が嘘のように、穏やかな春の山里の景色へと変わりました。ようやく気を取り直し、ここから千曲川の川辺に向かって、途中の風景を訪ねつつ歩いていくことにしました。

P1100571.jpg
登山口に近い野原の道沿いに、屋根と支柱だけの山門がポツンと立っていて、来るものは拒まず、といったたたずまいに惹かれてその下をくぐると、細い参道の先に広々とした池を前にした一軒の寺院がありました。

P1100572.jpg
曹洞宗大英寺

P1100573.jpg
葛尾山に続く峰の山裾にあるこのお寺は、観光向けのお寺ではないようで、境内に人影は見られません。清楚、というのがふさわしい、良く手入れのされたお庭が広がっていますが、本堂の戸は固く閉ざされ、禅宗寺院のイメージに合った、どことなく毅然とした空気が漂っていました。

P1100584.jpg
参道の道端にこぼれるように咲いている雪柳の花

P1100589.jpg
再び坂城神社に立ち寄ってみると、拝殿の前に人影が見えました。
浅葱(あさぎ)色の袴に羽織姿の宮司さん、そして氏子らしいお二人が何ごとかを相談中。
午後に行われる祭事のお話しをしているのでしょうか。
様子を見計らって、宮司さんに立派なお社ですね、と話しかけてみると、神社の由緒などを色々と語っていただけました。

「神社の御祭神はオオナムチです」 「出雲の神様は日本海沿いに北陸からこの辺りまで入ってきているんですよ」と説明され、ああ、オオナムチ(大己貴命)は出雲大社の神様、オオクニヌシ(大国主命)の別名だったな、と思いあたりました。

因幡(いなば)の白兎を助けた伝説で知られるオオクニヌシは、古代の出雲地方を治めたとされる神です。

            *             *             *

彼の支配する出雲の国の繁栄ぶりを見て、あるとき天上の高天原(たかまがはら)から武勇に優れたタケミカヅチ(建御雷神)が派遣されます。タケミカヅチは「神の中の神であるアマテラス(天照大御神)とその子孫こそ、この地上を統治なさるべきだ」と告げて、オオクニヌシにその国土を献上するように迫りました。それに反発したオオクニヌシの次男、タケミナカタ(健御名方命)はタケミカヅチに立ち向かいますが、たちまち打ち負かされてしまい、遠く信濃の国の諏訪湖まで逃げ伸びたところを追いつかれ、ついに命乞いをして降参することになりました。

立ち戻ったタケミカヅチに再び国土の譲渡を求められたオオクニヌシは「我が住処として、皇孫の住処の様に太く深い柱で、千木が空高くまでとどく立派な宮を造っていただければ、私はそこに隠れることに致しましょう」と答え、自ら幽界の神となって地上を去り、永久(とこしえ)に隠れたといわれます。

この”国譲り”に代表される日本神話の神々の逸話は単なる架空の物語ではなく、実際に繰り広げられた古代民族の争いと王権の推移が寓意的に表わされたものと考えられています。

タケミナカタが逃げたという諏訪には、彼を主神とする諏訪大社があり、さらにオオクニヌシ(オオナムチ)を祀る神社が信州に広く分布しているという宮司さんのお話しからも、遠く離れた出雲(島根県)と信濃(長野県)の間には、古い時代から続く地域的なつながりがうかがえ、地方どうしが隔絶した、もっと閉鎖的な世界としてイメージしていた古代日本の姿について、おぼろげながら認識を新たにすることができたような気持ちになったのでした。


P1100596.jpg
よかったら神社の御由緒書を差し上げましょう、と言われ、お言葉に甘えて社務所にあがらせていただきました。さきほど外観に感心したあの社務所です。

いただいた由緒書の表紙には『延喜式内 坂城神社』とあり、このお社が10世紀の初め、醍醐天皇の頃に編纂された「延喜式」に記されている古社とわかりました。神社の創建自体はずっと古く白鳳年間(壬申の乱で近江朝廷を破った天武天皇の時代)といわれ、実に1300年を超す歴史を持っているそうです。神社が造営される以前、産土神(うぶすながみ)として素朴な信仰を集めた時代まで考えると、その起源は計り知れないでしょう。拝殿も江戸時代後期の天明元年(1781年)の建立で、優に230年の時を経た建築が今に残ったものということでした。

            *             *             *

辞去する際、社務所の一室に貼られた半紙の上の言葉にふと目が留まりました。
『神は人の敬に依り威を増し 人は神の徳に依り運を添う』

仏教が伝わる以前より、日本の神々は土地ごとに祀られ、住民の信仰を集めてきました。仏教の隆盛や近代の国家的祭祀の時代を経て、現代では我々の日常生活から少し縁遠い存在となってしまっているように感じますが、難しい教義や主義主張などはさておいて、自然な感情として神様を敬い、その加護を祈るという習慣(子供の頃は、父母などにいわれて何かにつけ神様に手を合わせていた記憶があります)を時には思い出さなくてはいけないなあ、と神々の歴史と伝承に触れたこの時、あらためて思ったのでした。   


P1100601.jpg
坂城神社の参道を下る途中、参道脇から伸びた小路の先に、村上氏の菩提寺とされる曹洞宗の満泉寺がありました。葛尾山麓の南東部にあたるこの場所に、かつて村上氏の居館があったといわれています。寺域を囲む塀の上に姿の良い鐘楼がその外観を現していました。

P1100603.jpg
満泉寺境内にある道祖神。

P1100612.jpg
ふたたびかつての北国街道の跡を坂城駅の方向に歩いて行きます。

P1100738.jpg
旅人の往来した坂木宿の面影ばかりでなく、我々には懐かしい昭和の頃をしのばせる商店なども表通りに残っています。

P1100475000.jpg
しなの鉄道 坂城駅

P1100751.jpg
坂城駅を過ぎ、しばらく南へ歩き続けると背景には遠ざかる姫山(左)、葛尾山(中央)の峰々が眺め渡せるようになってきました。

P110075900000.jpg
やがて千曲川にかかる坂城大橋へと到着します。

P1100757.jpg
坂城大橋から望む千曲川。下流へと続く風景。眼下の千曲川は山あいを縫うように、隣接する千曲市から長野市へと緩やかに流れ下って行きます。

P1100779.jpg
坂城大橋から見た上流の景色。北岸に坂城の町並みが見えています。河畔に開けた眺望は本当に広々としていて、いつまで眺めていても見飽きぬ風景のように思われました。

悠々と流れる千曲川と、町の諸方を取り囲むように横たわる山々、そしてその中に息づいた古代からの歴史―。善光寺詣りの帰途に立ち寄った坂城の町の町歩きは、豊かな山河を身近に感じつつ、太古の昔から続くこの地の人々の営みに深く想いを馳せる旅となりました。


スポンサーサイト
別窓 | 坂城 | コメント:0 | トラックバック:0
信州坂城 ~ 千曲川沿いに春の風景を訪ねる ~
2015-05-10 Sun 23:46
御開帳に沸く長野・善光寺からの帰り道、以前より千曲川べりの町々を訪ねてみたいと考えていた私は、しなの鉄道に乗り、長野から南に20分ほどの距離にある長野県埴科郡(はにしなぐん)坂城町(さかきまち)を訪れました。坂城は千曲川の中流部に位置する人口1万5千人ほどの町です。

戦国の頃、この土地が、甲斐の武田信玄の侵攻を二度に渡って退けた猛将、村上義清の本拠地だったことは何かの機会に聞き知っていたのですが、坂城町についてそれ以上の知識もなく、いつも通り一人旅行の気軽さで、気の向くままに足を止めてみたのでした。

黒板張りの昔風の木造駅舎を出ると、左手に駅前からの通りが長く続きます。沿道の町並みを眺めながら、この道に従って歩いて行くことにしました。

P11004760000.jpg
駅前から向かいの山々の麓まで真っ直ぐに伸びていく通りの様子。一見して昔の街道の跡とわかります。案内図によると、この道はかつて江戸と北陸地方とを結んでいた旧北国街道にあたります。北国街道はここから北上して千曲川西岸を進み善光寺を経由するルートと、河東の地域(松代・須坂市福島など)を廻るルートに分かれますが、善光寺の北、牟礼(むれ)の宿場で再び合流し、古間、柏原、野尻と、信州北辺の宿場町を通って越後国(現在の新潟県)へと入ります。ちょうど私が今年1月に訪れた、長野(善光寺宿)から黒姫駅(柏原宿)に至る旧信越本線のルートに重なる道筋となります。

P1100481.jpg
しばらく歩いて行くと右手に土蔵造りの門構えが現われました。「坂木宿ふるさと歴史館」・「旧坂木宿御本陣表門」という表札がかかっています。土地の素封家である宮原家が当主を務めた坂木宿の本陣(参勤交代の際に大名が宿泊する宿館)跡です。
(中世から江戸期にかけては「坂木」の字がこの土地を指す表記となっていたようです)

P1100736.jpg
中に入ると、昭和の初めに建てられた三階建ての旧家が歴史館の施設として利用されていました。館内には江戸期の坂木宿の様子を記した文書や図面などの他、この地方に勢力を持った信濃村上氏についての豊富な資料や解説が展示されていました。

村上氏は清和源氏の流れを汲むといわれ、平安末期から続いた信濃有数の豪族でしたが、鎌倉時代以降はその時々の中央政権と対立することが多く、不遇をかこつ時代が長く続いたようです。16世紀の前半、村上義清の代に至って信濃の数郡を支配下におさめ、戦国大名として最盛期を迎えましたが、隣国、甲斐武田氏の勢力拡大の時期とも重なり、その執拗な侵略を受けて敗北、ついにこの地を追われることとなりました。

信濃村上氏最後の当主となった義清ですが、戦国最強と言われた武田軍を二度も破った雄将として、歴史小説や大河ドラマなどでもおなじみで、その名声は現在まで語り継がれています。歴史館の展示品を見ていても、郷土の英雄を紹介している誇らしさが現われているように感じられました。


P1100689.jpg
ふるさと歴史館の2階からの眺め。千曲川の西に続く連山の風景が望まれ、本当に山里の趣きです。中でも三角錘型の山容がはっきりとうかがえる、手前の一山(岩井堂山)がひと際目を引きます。

P1100488.jpg
歴史館を出て道を進んでいくと、その両側に古い木造家屋が何軒も見られるようになりました。宿場町の頃の町家の風情を残す家々が、今なお人々の起居する住まいとして活き続けているようです。

P1100487.jpg
「さかた」と大書された漆喰塗の看板、あるいは表札と言って良いでしょうか。坂木宿の名主を務めた坂田家の邸宅が往時の佇まいを今に残しています。

P1100491.jpg
日名沢川

P1100495.jpg
こちらのお宅は町家の構造を生かして、時代ごとの改装を行って住んでいらっしゃるようです。道路に面し、おそらく障子窓あるいは格子窓であったろう2階の外面はガラス窓に、1階の出格子(でごうし)らしい構造は、ショーウインドー風に変わって、書画や人形などの骨董品が中に飾られていました。

P1100498.jpg
道の向かい側の家々にも宿場町の往来の風情がしっかりと残っています。

P1100511.jpg
西に向かう北国街道の道筋とわかれ、なおも通りを進んでいくと、少し狭くなった道の先に古色を帯びた木の鳥居が現われました。

P1100513.jpg
鳥居を潜ると辺りはいかにも社(やしろ)への参道然としてきます。

P1100522.jpg
やがて細い小路の参道の奥に、深い木立と散り残る桜の樹々に囲まれた坂城神社の社殿が見えてきました。

P1100523.jpg
境内入口にある入母屋造の社務所。伝統的な日本建築らしい建物で、いかにも重厚な外観です。

私が訪れた時、境内の脇には「春季例大祭」と書かれた看板が掲げられていました。この日は坂城神社の春の祭日だったようです。普段はおそらくひと気の無さそうな、森閑とした雰囲気のお社ですが、この時は正装した氏子の皆さんの姿が境内に見え、それだけで平日とは違う、ハレの日独特の空気を醸しているように感じました。

P1100524.jpg
石造りの鳥居の向こうに社殿が見えます。

P1100525.jpg
境内奥の拝殿
灰色の瓦屋根の広がり、そして瓦一枚一枚の重なりが見せる緻密な描線とまだら模様の色彩がとても印象に残る拝殿です。
「日本の建築様式の美しさは瓦屋根に凝縮されている」そう語った故市川崑監督のことばが思い出されるような見事な瓦屋根の造形に目が行ってしまいました。柱や床材も古みを帯びていて、伝統の木造建築ならではの渋味、寂びた美しさを感じます。

P1100530.jpg
この坂城神社の背後にそびえるのが葛尾山(かつらおさん)で、その山頂には村上義清の居城であった葛尾城の城跡が残るそうです。城跡からの眺めも素晴らしいというので、あまり深くも考えず、葛尾山の山上まで足を伸ばしてみることにしました。

P1100535.jpg
神社裏の葛尾城址への登り口

P1100548.jpg
山の外周に沿うように上り坂がめぐって続いています。斜面に生えた草叢や雑木林の間から、坂城町の平野部が見下ろせます。

P1100557.jpg
舗装された道がいつの間にか途切れ、下草の生える山道へと変わりました。登り始めてまだ数分ですが、実はこの段階で、この上りは結構大変だなあ・・・と、気おくれし始めているのでした。

P1100559.jpg
さらに登るにつれて、傾斜がとても急になり、足場もだいぶ悪くなってきました。険しい坂道の途中で真っ直ぐに立っていることができず、勢いのままこの坂を駆け下るか、体を前のめりに踏ん張って一歩一歩山頂へと登っていくことしかできません。

そういえば、おはようございます、と登り口であいさつを交わした女性は全身登山用の服装だったし、途中で見かけた「葛尾山『登山』ルート1.5㎞約60分」という表示も伊達ではなさそう。本格的な山登りなどするつもりはなかったのに・・・と、軽い山歩き程度に考えていたことを後悔しつつ、とりあえず登れるところまでは登ってみようと、全身汗まみれになって急坂を這うようによじ登っていきました。

P1100560.jpg
道しるべのない分かれ道に行き当り、左右どちらに行こうかと迷って、左手に続く道をとったところ、突然、行く手を倒木が塞いでしまっていて、しばし呆然・・・。
この時点で、倒木をかいくぐり、さらに登っていく気力も体力もありませんでした。

山頂までの行程のおそらく三分の一も来ていないようでしたが、早々と登頂を断念して、町に引き返すことにしたのでした・・・。(◞‸◟)


別窓 | 坂城 | コメント:2 | トラックバック:0
| 遠い街 遠い空 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。