The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
横浜散歩 ~ 関内の風景(1) ~
2015-03-18 Wed 05:27
今回は横浜を歩いています。

ここ数年、鎌倉散策の行き帰りに東京湾アクアラインを通る高速バスとJR横須賀線との乗り継ぎで横浜駅やバスターミナルなどを頻繁に利用するようになりましたが、本格的に横浜の街なかを歩いたことはありません。そこで、先日所用でJR関内駅(かんないえき/横浜市中区)に降りたのを幸い、関内駅周辺の街並をゆっくりと歩いてみることにしました。

P1100224.jpg
こちらは関内に向かう前のJR横浜駅の根岸線ホームです。
(やはり崎陽軒の店舗を目にすると、「横浜に来て居るなあ」と実感できますね)

”根岸線”という名は、この辺の地理に不慣れな自分には随分ローカルな路線名(地名)のように聞こえますが、実際は横浜から桜木町、関内、石川町、そして山手と、幕末~明治期の開港場や外国人居留地から発展した歴史ある地区を抜ける横浜の主要路線となっています。横浜駅を出発しておよそ5~6分で列車は関内駅に到着します。


P1100232.jpg
関内駅の南口改札を出るとすぐ目の前には横浜市庁舎の建物が続いていました。場所柄か駅前は落ち着いた雰囲気で、なんとなく大学のキャンパス内を歩いているような気分になります。

P1100237.jpg
駅前から道なりに市役所の敷地に沿って東側へ進んでゆくと、通りの向こうに横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムが見えてきました。

P1100239.jpg

P1100242.jpg
この通り(みなと大通り)を渡って、今度は横浜スタジアムを右手に見ながら歩道を歩いていきます。

P1100251.jpg
スタジアムに隣接して横浜公園の緑地や広場が続きます。

P1100256.jpg
ビルの林立する都会の一角に住民の生活が感じられて何だかホッとしますね。

P1100268.jpg
みなと大通りをさらに進んでいくと、道の向こう側に美しい煉瓦造りの洋風建築、横浜市開港記念会館が見えてきました。

P1100269.jpg
この会館は1909年(明治42年)横浜開港50周年の記念事業として計画され、1917年(大正6年)に完成をみた歴史的建造物です。関東大震災での被災や太平洋戦争後にアメリカ軍に接収されるなどの危機を経ながらも、平成元年には国の重要文化財に指定され、今なお横浜市中区の公会堂として存続し、広く一般に利用されています。

この開港記念会館のシンボルである画像右の時計塔は神奈川県庁(キング)及び横浜税関(クイーン)の塔と共に「横浜三塔」に数えられ、「ジャックの塔」の愛称で横浜市民に親しまれています。 

P1100485.jpg
そして開港記念会館の建っている横浜市中区の本町1丁目は、明治期に日本美術興隆の原動力となった岡倉天心(本名:覚三)の生まれた場所でもあります。

天心は西欧化という生活文化の急激な変容の中で、時代遅れとされた日本伝統の美の素晴らしさを強く認識し、しかも守旧にとどまらず、時代に即した新しい日本美術の創造を目指して活動を続けた人物です。彼は思想家・教育家あるいは美術行政家であって、彼自身が直接絵筆を執り、新たな美の形を世に問うたわけではありませんが、後に近代日本画の大家として名を馳せる若き日の横山大観、下村観山らは天心に深く師事し、その指導下で彼ら一代の作風を確立させました。

自らが創始した日本美術院(『院展』で知られる)において、大観ら若き俊英たちの才能を花開かせたことにより、彼が我が国の美術界に与えた影響は非常に大きく、まさに近代日本の偉人の一人というべき人物なのです。

P1100275.jpg
みなと大通りが国道133号線と交わる開港記念会館そばの交差点を右に折れると、向かい側には神奈川県庁舎が見えてきます。文明開化の匂いを残しているような和洋折衷の塔が目印です。庁舎のてっぺんにそびえるこの塔屋が横浜三塔の一つ「キングの塔」です。

P1100280.jpg
この日の目的地だった横浜情報文化センターに着きました。ここの8階が放送ライブラリで、NHKや民放各局が過去に放映したテレビ・ラジオ番組やCMなどを無料で視聴することができます。

他の街にはない、こういった文化娯楽施設があるのも横浜ならではの特色ですね。休日とあってライブラリにもそこそこ人出があり、図書館で蔵書を閲覧するように、利用者がそれぞれ思い入れのある番組、見逃してしまった名作に見入っていました。

(お隣の男性も、昭和51年放送のNHK大河ドラマ「風と雲と虹と」、そして往年の国民的コント番組「8時だョ!全員集合 」の懐かしい映像を見てとてもご満悦の様子でした)

スポンサーサイト
別窓 | 横浜 | コメント:2 | トラックバック:0
| 遠い街 遠い空 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。