The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
越中八尾 ~風の盆を待つ山懐の町~
2014-04-20 Sun 11:31
城ヶ山の東側で思いがけず春の里山風景を楽しんだ後、再び八尾の町中に戻りました。

諏訪町界隈
帰りの高山線の出発まで残りの時間も引き続き諏訪町から各町を歩くことにしました。

諏訪社
日本の道100選
諏訪町界隈2
整然とした石畳の路に沿って住居や店舗が立ち並び神社を囲む杜が存在します。一見、何の変哲もない風景のようですが、この様に整った町割りの中を歩ける場所も今では少ないのではないでしょうか。

おわら資料館外観
午前中に通り過ぎてしまったおわら資料館にも入ってみました。風の盆とおわら紹介の映像が視聴できるということで気軽な気持ちで館内のシアター席に座ると、大型スクリーンには八尾の野外風景でしょうか、野風に揺れる草木の姿が映しだされました。ヒューヒューと吹きすさぶ風の鋭いうなりだけが背景音で聞こえる中、おもむろに森山周一郎(?)ばりの重厚なナレーションが始まります。
「風の盆・・・八尾の人間はこの風の盆の三日間を見詰めて、残りの一年を生きる・・・」
予想を裏切るシリアスさに少し狼狽しつつも、画面を見ながら、風の盆とおわらは八尾の住民それぞれの暮らしや生き方と、特に人や物の交流が不自由だった時代にはなおさら、分かちがたい存在となっていることを実感させられました。

おわら玉天
越中八尾銘菓『おわら玉天』
おわら資料館を出た後に前のベンチで、道々購入した玉天(たまてん)をいただきました。

おわら玉天2
一見厚揚げのようですが実際は甘いお菓子です。一口食べるとほろほろと柔らくしっとりとした食感があります。一口齧った後の真っ白な断面からは微かに清酒の香りが漂うようです。玉天は鶏卵の卵白を泡立て砂糖と寒天を足して少し固めた後、卵黄を塗って焼き上げます。独特の淡い食感と清酒で深められた甘味の強さがとても印象に残るお菓子でした。

東町
資料館から再び街筋を歩いていきます。

売家
後にテレビドラマにもなり「おわら風の盆」を世に知らしめた小説『風の盆恋歌』(高橋治)。 その中の場景描写を思わせる売家の風景を街なかに見つけました。

(小説の主人公、大手新聞社で外報部長を務める都築克亮(つづきかつすけ)は、学生の頃互いに心を通わせながらも終に結ばれぬまま二十年の歳月を別れ別れに過ごした中出えり子との再会のため、思い出の地、越中八尾の諏訪町に一軒の空家を手に入れます。風の盆の期間中人目を忍んで続けられた二人の逢瀬は、悲劇の結末を予感させつつ、この八尾を舞台として一年また一年と重ねられていくのでした。)

骨董店
街の古物商。店舗そのものが古民家の雰囲気になっていますね。

聞名寺本堂再訪
ふたたび今町の聞名寺を訪れました。

聞名寺境内
境内で少し休息。午後3時を過ぎて少し陽も傾いてきました。

浄円寺坂へ
聞名寺からは道を隔てて一寺(浄円寺)があり、その脇の小路が浄円寺坂という石垣に沿った坂道となっています。

浄円寺坂
浄円寺坂より見る今町から西町に続く石垣の町並み

井田川と石垣の町
いよいよ帰りの時刻が迫ってきました。井田川を渡って川の西側へと戻り、町の外観を右手に見ながら越中八尾駅への帰途に着きます。ちょうど浄円寺坂の真向かいを過ぎて行くところで八尾の町ともこれでお別れです。

井田川の流れ2
帰り道、ふと水流に誘われるように井田川の河原におりてみました。

井田川の流れ
川辺に立つと、すぐ側を音を立てて勢いよく河水が流れていきます。水清く豊かな水流に恵まれた土地には、やはり清流に洗われるように、気品のある文化・風土が育まれるのでしょうか。越中八尾という町のたたずまい、街角に感じられるおおらかな雰囲気は三百年以上にわたって続いてきたこの土地の歴史と住民の意識が作り出した独自の景観といえるでしょう。
「都市のランドスケープはそこに住む人々の社会の記憶をおさめる蔵である」
川面を眺めながら、都市景観についての優れた考察を数多く載せている、とあるホームページで紹介されていたこの一句を思い出していました。

今日も静かに風の盆の到来を待ち続ける山懐の町。その佇まいの中に、訪れた者を惹きつけてやまない街並みの魅力を感じた晩春の旅となりました。
                                                                                                      
スポンサーサイト
別窓 | 越中八尾 | コメント:2 | トラックバック:0
| 遠い街 遠い空 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。